ノンシリコンをうたったシャンプーが増えてきていますが、ノンシリコンとはどういうことなのでしょうか。

 

ノンシリコンとはシリコンを配合していないということです。では、シリコンとはどういうものかというと、化学反応によって生成される物質です。

 

ヘアケア製品に配合されたシリコンは髪のキューティクルとくっついてキューティクルをコーティングします。だから髪の手触りがよくなりツヤがあるように見えるのです。

 

シリコンが入ったシャンプーを使うメリットはこうした見た目を良くするということのほか、シャンプーをしているときにキューティクルを守る、髪と髪が触れたときの摩擦が小さくなる、ドライヤーの熱によるダメージを減らす、広がりやすい髪をまとめる、といったことが挙げられます。

 

もう一方の、こうしたシリコンが配合されていないノンシリコンシャンプーのメリットは洗髪後の仕上がりが軽く、髪がぺしゃっとなりにくいということです。また、肌に触れるものは素材にこだわりたいとう方にとってはノンシリコンのほうが安心感が大きいのもメリットになります。

 

シリコン自体は人体に害を与える物質ではありませんが、シリコンやそのほかのコーティング剤といわれる物質がシャンプーなどヘアケア製品に含まれていると、髪だけでなく地肌にも付着します。そのため頭皮の皮膚呼吸が妨げられて頭皮環境を悪化させる心配があります。

 

シャンプーなどヘアケア製品を選ぶ際にはシリコンをはじめとするコーティング剤が配合していないかをチェックすると良いでしょう。





カテゴリー : シャンプーについての基礎知識